芙蓉閣の女たち~新妓生伝 第13話~第16話あらすじ:韓国ドラマあらすじ極

韓国ドラマのあらすじのまとめをメインに、地上波・BS放送で放送されている韓国ドラマの放送局や放送時間、公式サイト、DVDやブルーレイの発売日やレンタル開始日、出演者・スタッフ情報や、PV動画などを紹介しています。
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■韓国ドラマ
  【あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

芙蓉閣の女たち~新妓生伝 第13話~第16話あらすじ

【第13話「歩み寄る2人の心」あらすじ】
孫娘のことを聞かされ嘆くララの祖父母は、嫁に当時の家政婦のことを聞くが何もわからない。スンドクを呼び出したララの祖母は詳しいいきさつを問いただす。「書き置きがなくともオサンが自分の娘だとわかると思った。浅はかだった」と泣き崩れるスンドク。その頃、サランはダモの別荘で手料理を作り、料理の腕を褒められていた。そして、ダモは湖水を散歩中にサランから抱きしめられ、心を揺らす。

【第14話「スンドクの覚悟」あらすじ】
父が母を大事にしないことを嘆くダモに、サランは「母の大切さを気づかせるべき」と言う。ダモはサランの提案通り母に家出を勧めるが、母は「そんなことをしたら即離婚される」と取り合わない。「芙蓉閣」では娘を捜そうとするスンドクが、体調が悪いためしばらく休みたいと申し出ていた。そして、サランの継母はジャの家に一家で住めば家賃が浮くと計算、一転してコンジュに「優しくしろ」と言う。

【第15話「家政婦捜し」あらすじ】
オサンの家では娘を探すため、当時の家政婦の行方を捜す新聞広告を出す。サランはララから司法試験の合格者が集まる合コンに誘われ断わると、「彼氏がいるのでは?」と追求される。だが、ララに本当のことは言えずにごまかす。ダモは酔って帰宅した父が飲むハチミツを隠して、ささやかな抵抗を試みるが、母を困らせただけで全く効果がない。サランの継母は探偵から2人の仲が順調と聞かされていた。

【第16話「ダモの父の心配」あらすじ】
なぜ家政婦を捜すのか怪しまれないために、認知症を装うララの祖父。そうとは知らない嫁ジュヒは心配し、義弟ガンサンと嫁ヒョリを呼び出し相談する。ダモの父はララから見合いを断わった真相を聞かされ、ダモがゲイではとほのめかされ、さらにダモの部屋で髪飾りを見つけ心配になる。サランの家ではコンジュにつきまとう青年が現れ「結婚する」と騒ぎ出すが、ジャが結婚相手のふりをして追い払う。

以前・以後のあらすじは、芙蓉閣の女たち~新妓生伝:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

韓国ドラマ 動画ランキング
にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ
[ 2014/12/26 10:54 ] 芙蓉閣の女たち | TB(0) | CM(0)
【スポンサードリンク】
div>
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク


アクセスランキング