九尾狐伝~愛と哀しみの母~ 第01話~第04話あらすじ:韓国ドラマあらすじ極

韓国ドラマのあらすじのまとめをメインに、地上波・BS放送で放送されている韓国ドラマの放送局や放送時間、公式サイト、DVDやブルーレイの発売日やレンタル開始日、出演者・スタッフ情報や、PV動画などを紹介しています。
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■韓国ドラマ
  【あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

九尾狐伝~愛と哀しみの母~ 第01話~第04話あらすじ

【第01話あらすじ】
クサンテクは美しい女性の姿をした九尾狐。真面目な人間と10年間を共にすると、狐から人間になれるため、クサンテクは木こりと結婚し、ヨニという娘を産んだ。ところが、10年まであと1日というときに、木こりはある約束を破り、クサンテクは人間になれなくなってしまう。ある日、ヨニは傷ついた母親を助けるために宝石をお金に換えようとするが、盗品と見抜かれてしまい、ふたりとも役所に連れられてしまう。厳しい尋問を受けるが、ちょうどそこに両班(ヤンバン)のユン・ドゥスが現れ、ふたりは助けられる。

【第02話あらすじ】
ユンには奇病を持っている娘チョオクがいるが、ある占い師から、チョオクと同じ誕生日の子供を見つければ奇病は治ると告げられていた。ヨニがチョオクの前に姿を現すと、なぜか目が開かなかったチョオクの目が元どおりになる。ユンはクサンテクにチョオクの看病を命じ、ふたりはユンの家で働くことになる。しかし、実は占い師のお告げとは、チョオクと同じ日に産まれ、ちょうど3か月後に10歳を迎える子供の肝臓を食べれば奇病が治る、という恐ろしいものだった。ヨニはちょうど3か月後に10歳を迎えようとしていた。

【第03話あらすじ】
ユンはクサンテクに求婚するが、クサンテクはそれを受け入れられないでいた。チョオクは、父親だけでなく慕っているギョンジュさえもがヨニに優しいことが許せない。そこで、憎い相手に飲ませれば、好きな相手の心を取り戻すことができるキツネの血の漢方薬を無理やりヨニに飲ませる。生死をさ迷うヨニに、クサンテクはキツネの“珠”を飲ませて一命を取り留める。しかし、直後に怪しい男が屋敷に侵入し、ヨニに白い粉をかけて逃げ去った。すると、体が獣のように変わり、ヨニは自分が普通の人間ではないことに気づく。

【第04話あらすじ】
クサンテクは、ヨニを元の体に戻すために牛の肝臓を食べさせようとするが、ヨニは嫌がって食べようとしない。ちょうどそこにユンが駆けつけ、クサンテクはヨニの姿を見られないよう、崖から身を投げる。クサンテクは一命を取り留め、結局、ユンからの求婚を受け入れる。クサンテクとヨニのことが気に入らないチョオクの母親ヤン夫人は、ある日、召使の者に頼んでヨニを追い出してしまう。ところが、ヤン夫人は偶然にも占い師からユンへの手紙を見つけ、ヨニがチェオクの奇病を治すカギとなる子供だということを知る。

以前・以後のあらすじは、九尾狐伝~愛と哀しみの母~:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

韓国ドラマ 動画ランキング
にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ
[ 2015/01/14 11:03 ] 九尾狐伝 | TB(0) | CM(0)
【スポンサードリンク】
div>
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク


アクセスランキング