階伯[ケべク] 第33話~第36話(最終回)あらすじ:韓国ドラマあらすじ極

韓国ドラマのあらすじのまとめをメインに、地上波・BS放送で放送されている韓国ドラマの放送局や放送時間、公式サイト、DVDやブルーレイの発売日やレンタル開始日、出演者・スタッフ情報や、PV動画などを紹介しています。
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■韓国ドラマ
  【あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

階伯[ケべク] 第33話~第36話(最終回)あらすじ

【第33話「王妃の策略」あらすじ】
フンスとソンチュンはケベクの敗戦に疑いを抱いていた。ケベクは敗戦の責任を取らされ、投獄されてしまう。王妃となったウンゴは事の重大さに慄(おのの)いていた。チュンチュとユシンはケベクがいないのをいいことに、唐を使って百済をさらに混乱させようと画策する。その罠にはまったウィジャ王は唐との国交を断絶すると言い出す。そんな中、王は人知れずケベクを出陣させ奪われた刀比川(トビチョン)城を奪還させる。ユシンは罠に落ちたのは自分だと気づくが時すでに遅く…。

【第34話「ソンチュンの死」あらすじ】
王妃が新羅と通じていた証拠を握ったソンチュン。だが一人で王妃と対決したソンチュンは捕えられ、闇に葬られてしまう。ソンチュンの死体を発見したフンスは義兄弟の死に呆然とする。フンスは王妃の犯行と確信し、ソンチュンが残した証拠を探し出す。だが王は王妃を咎めることができなかった。そんな時、ケベクが泗泚(サビ)に戻って来る。ソンチュンの悲報を聞いたケベクは新羅のせいだと思い込むが、そこにチュンチュからの密書が…。

【第35話「戦争前夜」あらすじ】
ケベクは王妃(ウンゴ)がソンチュンを殺したと知る。だがケベクの追及にも王妃は動じない。そんな中、王妃の裏切りは民衆の知るところとなる。切羽詰った王妃は宮殿を脱出、新羅に向かう。一方新羅の動向を怪しむケベクは再度ヨン・ゲソムンを訪ねるが、事態は深刻だった。その頃王妃は新羅が百済を滅ぼすために大軍を用意していると知り、その事実を伝えるため、百済に引き返す。そんな時、唐の大軍が百済に向かっているという知らせが入る。

【第36話「黄山伐(ファンサンボル)の戦い」あらすじ(最終回)】
唐と新羅は百済を挟み撃ちにしようとしていた。キム・ユシンは今度こそケベクを倒すと闘志を燃やす。百済では弱気になった貴族が私兵を連れて逃げ出す騒ぎが起こっていた。勝ち目のない戦に百済の士気は上がらない。そんな時、チョヨンはケベクを呼び、家族を殺して出陣せよと告げる。それを知った兵士たちはケベクと運命をともにする決意をする。こうして、ケベク率いるわずか5千の百済軍は、キム・ユシン率いる5万人の新羅軍と黄山伐で対峙する。

以前・以後のあらすじは、階伯[ケべク]:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

韓国ドラマ 動画ランキング
にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ
[ 2015/02/14 11:03 ] 階伯[ケべク] | TB(0) | CM(0)
【スポンサードリンク】
div>
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク


アクセスランキング